A taste of Japan

Take a look at this month’s additions to our Japanese Language collection.
More than 50 Japanese fiction and non-fiction books have been added to our collection recently including social aspects and culture, as well as, exploring the innovation secrets of Steve Jobs, the man who revolutionized computers, in ‘Inside Steve’s brain’.

Check out the latest Community Languages movies by browsing at the extensive library DVD collection located in the Sound & Vision section under ‘Foreign’.
For Japanese speakers here is a small selection of DVD’s for you to enjoy. Have fun!

Japanese Books & DVD’s

Built a school in CambodiaBokutachi wa sekai o kaeru koto ga dekinai : but, we wanna build a school in Cambodia / Hada Kōta.
“医大生の甲太は受験勉強をして大学に入ったものの平凡な日常に疑問を抱いていた。そんなある日「百五十万円寄付してもらえればカンボジアに小学校が建つ」というパンフレットを偶然見かける。これだ!と感じた甲太は、勢いで仲間を募り、クラブイベントを企画して、寄付金の捻出をはかろうと奔走する。同時に、カンボジアにも出向き、地雷除去、ゴミ山で暮らす家族、売春宿で働く少女やエイズ問題などの過酷な現実に触れ、自分のダメさ加減と正対することになり…。決してきれい事だけではない、一歩踏み出す勇気を与えてくれるノンフィクション” (Adapted from Amazon.co.jp summary)

Yōkame no semi / Kakuta Mitsuyo.
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。 (Adapted from Amazon.co.jp summary)

Ore no obasan / Sagawa Mitsuharu.
書店で見つけた時、帯に児玉清さんの推薦文があり、気になって数ページ立ち読み。冒頭から引き込まれてしまいました。図書館にもまだなく、文庫本にもなってないので、いったんは忘れようとしましたが、読みたい気持ちが勝り1週間後に購入。一気読みしました。
主人公が冷静に状況を判断しつつ、14歳らしく傷ついたり、プライドを持って乗りきったり、どんどんたくましく成長していく姿がすばらしい。まわりの大人もころびながら、弱いところを持ちながら、生きていて、じーんときました。この1冊で貴重な経験をした気分です。(Adapted from Amazon.co.jp summary)

Kuchinui / Bandō Masako.
原発事故による放射能汚染を恐れて夫婦が逃れてゆくのは、作者が坂東眞砂子ですから、当然高知県の山の中です。夫の竣介は陶芸が趣味ですから、この山奥でも窯を作り創作に励みます。妻の麻由子はブログを開き、夫の窯のPRをするなど、順調に生活をスタートした筈でした。ところが、この窯の位置が古くからの「赤線」にかかっていることから、いろいろな嫌がらせが始まります。その後は、坂東眞砂子らしいストーリー展開です。(Adapted from Amazon.co.jp summary)

Sutību Jobuzu no ryūgi = Inside Steve’s brain / Rīandā Keinī ; Miki Toshiya yaku.
“「個性こそ最強の戦略」。世界を熱狂させるビジネスの創造主たちは、見る者にそう思わせる迫力がある。自分を自分たらしめる絶対価値を「個性」と呼ぶのなら、個性を極限までつきつめていったところにこそ、最強の戦略がある。世界で最も卓越した形で、自らの個性を戦略へと高めた人物――それがスティーブ・ジョブズだ。完璧主義者、エリート主義者、気分屋、偏執狂。「ジョブズは狂人と紙一重」と眉をひそめる向きもある。しかしそうした印象にとらわれていては、スティーブ・ジョブズの底力を読み誤る。ジョブズは、自らの関心事や個性に正直なまま、妥協なき芸術性とすぐれたビジネス手腕とを融合させた独自の経営を行っている。他者とは一線を画す自らの個性を、キャリア上の強みに転じたのだ。
本書は、ジョブズとアップル社を12年以上にわたって追いつづけてきた著者が、ジョブズの事業哲学を詳細に分析した一冊だ。ジョブズ本人に限らず、その周辺の人たちに至るまでさまざまな角度から取材・資料収集し、無数の「点」をつないでいった先に、偏見から解放されたジョブズ像、アップル像が映し出される。(Adapted from Amazon.co.jp summary)

Chikyū sensei / Miyashita Ryūji.
“この本には、派手な仕掛けやトリックがあるわけではない。派遣切りでホームレスになった若者が再生するといっても、コツコツと働いて部屋を借りるだけのことだ。ただそれが、かえってリアリティになっている。その原動力になるのが、人との出会いだ。台湾人の女子学生で社会企業家を目指すメイラン。彼女への恋が、主人公のモチベーションになる。それは、ただの容姿に惹かれる色恋ではない。彼女の持つ理想や人間としての品性に惹かれ、彼女にふさわしい人間になりたいと願うのである。そしてもう一人、地球先生。街角でゴミを漁る、一見ホームレスだが、実は環境問題を研究する大学の先生だというユニークな設定。この地球先生との出会いによって、主人公は自分の生き方について真剣に問い直していくのだ。このように、この本の魅力のひとつは、脇役の個性にある。東北大震災以降、右肩上がりを前提とした上昇志向の生き方が見直される時代、多くの人に読んで欲しい一冊である” 。(Adapted from Amazon.co.jp summary)

Syndetics book coverOutrage [videorecording] / Magnet Releasing presents a Bandai Visual, TV Tokyo and Office Kitano production of a Takeshi Kitano film.
“In a ruthless battle for power several yakuza clans vie for the favour of their head family in the Japanese underworld. The rival bosses seek to rise through the ranks by scheming and making allegiances sworn over saké. Long-time yakuza Otomo has seen his kind go from elaborate body tattoos and severed fingertips to becoming important players on the stock market. Theirs is a never-ending struggle to end up on top, or at least survive, in a corrupt world where there are no heroes but constant betrayal and vengeance”–Container.

Syndetics book coverBattle royale. II, Requiem [videorecording]
“It’s three years after the events of the original Battle Royale, and Shuya Nanahara is now an internationally-known terrorist determined to bring down the government. His terrorist group, Wild Seven, stages an attack that levels several buildings in Tokyo on Christmas Day, killing 8000 people. Exactly one year afterward, the government enacts the “New Century Terrorist Counter-Measure Alternative” program, a.k.a. the BRII act, and sends the forty-two students of Shikanotoride Junior High Class 3-B to hunt Nanahara and his cohorts down in their island stronghold. Shiori Kitano, the daughter of the late headmaster of Nanahara’s Battle Royale, signs up for the program, to avenge her father. In order for the government to study the benefits of “teamwork”, the new students work in pairs, with their collars electronically linked so that if one of them is killed, the other dies as well. They must kill Nanahara in three days – or die.”–Container

13 assassins [videorecording].
“Thirteen brave samurai must face overwhelming odds in an epic battle against a sadistic lord and his army of 200 to prevent him from plunging Japan into war.”–Container